日本はいま、、まさに「寝たきり大国」。
日本における寝たきり老人の数は、年々大きく増加しています。
1993年の90万人から2000年には120万人に。
老齢人口の急速な増加に伴って、2010年には170万人、
そして2025年に230万人に達すると予想されています。
一方、北欧では寝たきりが極めて少なく、スウェーデンや
デンマークには寝たきり老人がほとんどいない、という事実があります。
病気やけがで一時的に入院している人や、全身麻痺の人や死の床に
ついている人を除くと、寝たきり老人はゼロに等しいと言えます。
updown
私たち「ケアフォース」は、
高品質で付加価値の高いケアを提供するために、
移乗機器および電動ベッド等の輸入・販売を目的とした会社です。
医療機関の機能分化や病床機能の再編、地域包括ケアシステムの
構築など、厚生労働省からの方針が示されている中で、
医療用および介護向け機器を取り巻く環境が
大きく変化していくことが予想されます。
変革期にある医療機関や介護施設等の日々変化する需要に柔軟に
応えられるサービスを提供することでわが国の
医療・介護の発展に貢献して参ります。
いままでの医療用・介護用ベッドは、
どちらかというと機能性・技術性を重視するあまり無機的で
冷たい印象でした。
しかし、近年、より温かみのある魅力的なデザインやより高機能な
ベッドを求める声が高くなってきています。
たとえば旅先でホテルの部屋に到着したときのほっとするような
幸福感を思い出してください。
そんな快適なベッドで治療や介護が受けられたら…。
医療・介護のノウハウが進化し続けるように、
ベッドやその他の道具たちも進化していかなければなりません。
いま、医療・介護の現場では、さまざまな問題が提起されています。
「健康寿命の延伸」が国家戦略となり、様々な取り組みが始まりました。
療養環境における福祉用具、医療用具にその役割が問われています。
寝たきりの方、または病床にある方が起き上がり、座り、立ち上がり、
そして歩き出せるまでを支援できるような、
幅広い製品を取りそろえて提供します。
updown
  • 2017年7月12日~14日まで東京ビッグサイトで開催される
    国際モダンホスピタルショウ2017に出展いたします。
    是非お立ち寄りください。
    東展示場1ホール 看護ゾーン G-02
    http://noma-hs.jp/hs/2017/ 会場マップはこちらから
  • 2月21日(火)~24日(金)まで東京ビッグサイトで開催される
    HCJ2017(ホテル・レストラン向け総合展示会)に出展いたします。
    ブース番号:5-V13
    日本初出展のホテル向けベッド・マットレスを始め、
    一部リフト・移乗器具を展示しておりますので、是非お立ち寄りください。
    http://www.jma.or.jp/hcj/jp/
  • 10月7日~9日まで東京ビッグサイトで開催される
    国際福祉機器展(H.C.R)に出展いたします。
    ブース番号:東展示場6ホール 16-02です。
    是非ご来場ください。
    https://www.hcr.or.jp/
  • 2015年7月15日~17日まで東京ビッグサイトで開催される
    国際モダンホスピタルショウ2015に出展いたします。
    是非お立ち寄りください。
    東展示場4ホール
    http://noma-hs.jp/hs/2015/
  • 2014年10月01日株式会社ケアフォース設立。
  • ウェブサイトを公開しました。
  • 10月1日~3日まで東京ビッグサイトで開催される
    国際福祉機器展で移乗機器(リフト他)を展示しています。
    http://www.hcr.or.jp/index.html
    是非お立ち寄りください。
    ArjoHuntleigh AB (ブース番号: 東5ホール 5-10-09) 
    会場レイアウト
    https://www.hcr.or.jp/images/2014_4-6j.pdf
  • 予約制ショールームがございます。
    ご希望がございましたらお問い合わせください。
updown
ポジショニングや移乗などの動作は、ケアする方への腰痛負担が大きく、ケアされる側の遠慮も多いものでした。
海外では、安心・安全度の高い移乗機器や高機能ベッドを組み合わせることによってケアする方、ケアを受ける方、
双方の快適度を改善しています。笑顔のあふれる療養環境こそ、私たちの願いです。
移乗機器やモビリティー、ベッドまで幅広いラインナップ。
スウェーデンを本拠地とし、ヘルスケアとライフサイエンス分野の
ソリューションプロバイダーとして世界をリードする企業
ゲッティンゲグループの一員です。
ドイツの医療・介護向け高機能ベッドのトップブランド。
インテリア性も高く、モーターもポルシェエンジニアリング社との
共同開発。オリジナリティーの高い製品です。
高品質で硬さも様々、体圧分散にも優れた多種多様な静止型マットレスを展開す
るメッツェラー。世界最大級のポリウレタンフォーム製造会社です。
サイズのご希望にも幅広く応じることが可能ですので、どんなベッドにも快適に
お使い頂けます。
2013-2014年ドイツNo.1の介護・療養病床向けベッドブランド。
サイドレールの安全性、モーションの駆動性に加えて、ホームライクなデザイン
が療養環境の快適さを広げます。認知症向けのインテリアプログラムも展開。
家具まで含めてご提案させて頂きます。
updown
 
updown
名 称 株式会社ケアフォース
所在地 〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビルディング6階
TEL 03-3539-4114 FAX 03-3539-4115
アクセス 地下鉄銀座線虎ノ門駅11番出口 徒歩2分
地下鉄千代田線・日比谷線・丸ノ内線霞ヶ関駅A13番出口 徒歩6分
南北線・銀座線 溜池山王駅 徒歩5分
丸ノ内線・千代田線 国会議事堂前駅 徒歩7分
代表者 代表取締役社長 北村 健太
事業内容 医療機関、介護向け機器の輸入・販売
資本金 50,000,000円
設立年月日 平成 26 年 10 月1日
up